デュアルディスプレイにしたほうが良い理由と設置、設定方法

雑記

仕事や趣味でパソコンを作業をするときに画面の切り替えなどでイライラしたりすることはないですか?画面が二つあったら作業効率も上がりとっても便利なんです。

デュアルディスプレイといいますが、設置方法やパソコンの設定、メリットに次いで記事にしています。

デュアルディスプレイにした方が良い理由

・作業環境が広くなる

・複数のページを同時に見ながら作業ができる

・スペックの低いパソコンでも活躍できる

パソコン画面を二つ並べて使用している仕事をしている人を見たことがあると思います。株をしている方やら、デザイン系の仕事を仕事をしている人などの多いように感じます。それって一般の私たちが使ってもとっても便利なんです。なので皆さんにも使ってほしいと思っています。

・作業環境が広くなる:ディスプレイが二つになるためパソコン画面の広さが2倍になります。

・複数のページを同時に見ながら作業ができる:今まではは作業スぺースが狭いためページを最小化ボタンと最大化ボタンでページを出したり隠したりしていた手間が省けます。例えばネットのサイトを参考にしながら資料を作る時などページの出し入れをせずに行えるためとても効率が良いです。

・スペックの引くパソコンでも活躍できる:画面の切り替え作業が減るということはパソコンにも負担をかけません。つまりスペックの低いパソコンでもストレスなく作業ができます。

デュアルディスプレイ設置方法

デュアルディスプレイの接続方法ですが、パソコンのディスプレイがもう一つあればよいのですが、私の場合は使っていないテレビがあったのでそれを使用しました。物理的な接続はHDMIがテレビにもパソコンにもあったので、それを使用してつなぎました。HDMIはプレステとテレビを繋ぐときに使うコードのことです。

テレビとの接続の画像
パソコンとの接続の画像

接続といってもこれだけです。パソコンに映しだされる画面と同じものがテレビにも映し出されます。

ただ、これだとパソコンとテレビで同じものが映し出されてしまいます。これだと意味がありませんので作業スペースを確保するためにパソコン側の設定も行っていきます。

パソコンの設定

パソコン側の設定ですが、スタートボタンから設定をクリックしてその中にあるシステムを選択します。

システムの項目からディスプレイを選びます。画面を下にスクロールさせていくと「マルチディスプレイ」の項目があるので「表示画面を拡張する」を選択します。(なにもいじらない状態だと「表示画面を複製する」になっています)

設定はこれだけです。そうするとメインとサブのディスプレイが別々の表示をします。私のパソコンの場合だとサブが右にあるのでメインに映し出されたものを右側にドラックするとサブ画面に表示されるようになります。

右に資料になるサイトを固定してメインのディスプレイで作業する。このブログも下書きをテレビに映しだしながら書いています。

この方法の良いことはパソコンのスペックが低いときに能力を発揮すると思います。画面の切り替え動作だけで数秒待つこともあり、そのストレスときたら1回1回はそうでもないけど塵ツモですよ。

そういう待ちの時間から解放されるのはすごく良いです。

私の場合、最初に見せた画像のように机のスペースが狭いので、ノートパソコンとテレビを置くとマウスもきちんと置けないくらい狭いですが、それでも今までよりもスムーズにブログの記事が書けましたよ。

できればパソコン用のディスプレイやモニターアームなどを使用して省スペース化を図りたいですが、そこはわがまま言いません。

二つ目のディスプレイがあるかないかは、デスクのスペースが狭くなるよりも重要なのです。

だますつもりはないですが、だまされたと思って一度試してほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました