利用者さんがなくなってしまった時の対応(看取りの場合)

ケアマネについて

こんにちはケアマネックスです。自宅での死を望んでいる利用者さんが亡くなった場合の対応について説明します。

今回は家族がいて看取りができた場合です。

亡くなった報告をうける

①利用者さんが亡くなったことをどのように報告を受けるかで対応が変わってきます。

家族からの場合:本当になくなっているのかを確認。主治医の往診医や訪問看護に連絡をしているのかを確認します。

先生に連絡をしていない場合は主治医や訪問看護に連絡を取り先生に亡くなっているのを確認してもらいます。主治医が死亡を確認しているのであればお悔やみを申し上げて何かケアマネとして必要なことはないかを確認します。

②主治医や訪問看護からの場合死亡確認が済んでいる状況ですので、ケアマネとして何かできることはないかを確認します。たいていはありません。何か支持された場合はそれを行いましょう。連絡をしてくれた方にケアマネに伝えることを家族が知っているかどうかを確認します。知っているのであればこちらから家族に連絡をすることはありません。していない場合は電話連絡をしてお悔やみを申しあげて、ケアマネとして今してほしいことがないかを確認し、何かあったら連絡してくれるように伝えます。

各サービス事業所に報告

自宅で家族がいて看取りを望まれているのであれば、訪問診療や訪問看護のサービスはもちろん、訪問介護や福祉用具貸与で特殊寝台を借りている場合や訪問入浴のサービスが入っているなど、いろいろなサービスを利用されているためできるだけ速く亡くなった事実を伝えましょう。ほかのサービス事業所が来てしまう可能性もあるからです。

今必要なことを確認

利用者さんは亡くなられたばかりで家族も覚悟をしていたとはいえ混乱している場合もあります。ケアマネとして今できることがないかを伺います。

特殊寝台が入っている場合は本人の遺体を床に寝せるのに特殊寝台が邪魔である場合があるので撤去を依頼される場合などがあります。

その際は速やかに福祉用具貸与事業所に連絡をして撤去の依頼をしましょう。

全国の墓じまい・永代供養・離檀・閉眼の格安サービスなら【わたしたちの墓じまい】

あとはすることはありません

あとはすることはありません。訪問看護などがかかわってくれる場合は今後の葬儀屋さんへの連絡など指示してくれています。最後の場面にケアマネが立ち会うことはほとんどまれだと思います。

葬儀に参加するのか

事業所判断になります。勝手な思い入れで葬儀に出席するのはプロの仕事ではないと思っています。事業所で通夜への出席することを決めていれば出席すればよいし、しない方針ならしない方が良いです。

私の事業所ではケースバイケースです。夫婦で利用しているケースなどは今後の連れ合いの支援もあるため出席する場合がありますが、基本的には出席をしないことにしています。香典代もばかにはなりません。

家族から「〇〇斎場で葬儀をします見たいな連絡が入る場合は上司と相談して出席するケースもあります。

葬儀のあと

おおよそ初七日が住んで落ち着いたころに連絡を取り線香をあげさせていただきます。家族も利用者の死を受け入れて、生活も落ち着いてきたころに訪ねて思い出話をして家族の心のケア見たいのものもできればよいし、ケアマネ本人もこれで支援終了と切り替えをする機会にしたらよいと思います。残される家族へのグリーフケアも大事です。

まとめ

①自宅で家族がいて看取りで亡くなられた場合はケアマネができることは限られています。他事業所への連絡や家族の心のケアくらいです。深くかかわってきた利用者さんであればいろいろしてあげたくなったりしますが、それはプロの仕事としてどうかと個人的には思っています。

亡くなられる利用者さんが多いと、その度に心を痛めていたらほかの利用者さんの支援に差しさわりが出ます。ケアマネも心を切り替えて仕事をしていくことが良いと思います。

※これは私の意見ですので一つの考え方として読んでいただければ幸いです。ほかのケアマネさんがどのように考えているかを知りたいのでコメント欄などに記載してくくれるとうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました