多読とは?読書感想…レバレッジリーディング

雑記

 

「本からいろんなことを学べるけれどたくさんの本を読む時間はないよ」というのは世の働く人々は誰もが思っていますよね。本田直之さんが書いた『レバレッジ・リーディング』を勧められて読んだら感銘を受けたので感想を書いていきます。

『レバレッジ・リーディング』本の概要 

概要としては、小説などではなくビジネス書を読むときのコツについて書かれた本です。ビジネス書を読むということはその本から何かを学び取ろうと本を読むと思うのですからただやみくもに頭から読んでいくのではなく、その本からこのことを学ぶと最初に決めてから読むのが良いと。そのためには目次や本の帯などに書いてあることからキーワードを思い描くとよりイメージがつきやすいそうです

『レバレッジ・リーディング』概要 ②

そのあとは速読よりは遅いけれど自分で決めたキーワードに注意しながら斜め読みをしていきます。そうするだけでも意識はキーワードにあるので自然と知りたい情報は入ってくるそうです。さらに本田さんは気になるところには折り目やマーカーなどどしどし引いていきながら1冊1時間くらいで読むようにしているそうです。逆に制限時間を決めたほうが緊張感を持てて読めるそうです。全部はわからなくても著者の言いたいことは何となくわかるようにはなるそうです。そして自分が知りたいと思っていたことも書いてあればわかるそうです。ビジネス書から学ぶのはその程度でよいのではないかということです。

こんな人におすすです!
  • たくさんインプットしたい人
  • アウトプットするためにインプットしたい人
  • 忙しくて本を読む時間が取れない人
  • もっと自己成長をしていきたい人

いろいろインプットをしてからでないとアウトプットができないのでたくさんの本は読みたいがそんな時間はないという方は、知りたい情報だけ本から抜き出せるように読めたら最高ですよね。お金を出して買っているので元を取るために全部読むというのが普通ですが、この読み方だと自分の欲しい情報を手早く得ることができると思います。1時間くらいで読めるのならほかの同種の本を複数読んでより知識を深めると効率はさらに良くなるのです。自分はこの本はKindle unlimited で読んだのですぐに返してしまいましたが、ボーッと読むよりは集中して読めたのは確かだしいつもより早くも読めました。

私はケアマネジャーをやっていますが、この仕事は給料が良くないので何とか副業でも収入を得たいと思いブログを書いています。まだまだ、へっぽこですが少しずつみんなに見られても恥ずかしくない文章が書けるようになり、みんなに読んでもらえるようなサイトに発展させ、そこで収入を得たいと思っています。そのためにもいろんなことを吸収していき、みなさんに有益と思えることを発信していくためにはこの本に書いてあるような高速で情報収集をする方法が不可欠と感じています。

自分はブロガーとしてはもちろん本業のケアマネ業ももっと成長してきたいので今後もビジネス書などを書いて自己研鑽や自己啓発に励んできたいし、その知識を自分のものとする目的でのアウトプットとしてこの場を使っていこうと思っていますのでたまに覗いていただけると幸いです。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました