福祉用具貸与の理由記載について(マットレス編)

介護あれこれ

福祉用具貸与を利用する際はケアプランにその理由を記載しなければいけません。

二十二 介護支援専門員は、居宅サービス計画に福祉用具貸与を位置付ける場合にあっては、その利用の妥当性を検討し、当該計画に福祉用具貸与が必要な理由を記載するとともに、必要に応じて随時サービス担当者会議を開催し、継続して福祉用具貸与を受ける必要性について検証をした上で、継続して福祉用具貸与を受ける必要がある場合にはその理由を居宅サービス計画に記載しなければならない。 (運営基準第13条 二十二)

特殊寝台を借りる際のマットレス(特殊寝台付属品)これの理由を書くのって少し考えてしまいませんか?

褥瘡ができそうな人や肌が弱い利用者さんにはやわらかめのマットレスが必要など理由を書きやすいですが、それ以外の方ではなかなか理由が見当たらない。「ベッドとセットみたいなものだからしようがないだろ!」って感じに私は思っていました。

特殊寝台付属品の理由をエアプランに記載する際のポイントを説明します。

①立ち上がりのしやすさ

ギャッジアップができれば自分でベッドから立ち上がれるような方は適度な硬さがないと難しいのでその旨を記載するとよいと思います。

②寝返りしやすさ

マットレスが柔すぎると自力で寝返りができる方もしにくいですよね。適度な硬さが必要になってきます。

他にも理由はたくさんありますが、一つの考え方としてマットレス選定の理由を記載するときはマットレスの固さについて必要性を考えていくとケアプランに記載しやすいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました