第22回ケアマネ試験 過去問 解説 問2 

ケアマネ試験 過去問 第22回

問題 2

介護保険施法第2条に示されている保険給付の基本的考え方として正しいものはどれか。2つ選べ。

1 介護支援専門員の選択に基づくサービスの提供

2 被保険者の所得及び資産による制限

3 同一の事業所による複合てっかつ集中的なサービスの提供

4 医療との連携への十分な配慮

5 被保険被保険の有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにすることへの配慮

解説

法令の問題。介護保険法第2条について知っていれば正解できる問題。というか一般常識でもこの問題の設問ははじけてしまう。

介護保険法第2条

1.介護保険は、被保険者の要介護状態又は要支援状態に関し、必要な保険給付を行うものとする。

2.前項の保険給付は、要介護状態又は要支援状態の軽減又は悪化の防止に資するよう行われるとともに、医療との連携に十分配慮して行われなければならない。

3.第1項の保険給付は、被保険者の心身の状況、その置かれている環境等に応じて、被保険者の選択に基づき、適切な保健医療サービス及び福祉サービスが、多様な事業者又は施設から、総合的かつ効率的に提供されるよう配慮して行われなければならない。

4.第一項の保険給付の内容及び水準は、被保険者が要介護状態となった場合においても、可能な限り、その居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように配慮されなければならない。

1番の選択肢は『介護支援専門員の選択』が間違いで、正しくは被保険者の選択に基づかななければならない。

2番は『所得及び試算による制限』ではなく『必要な保険給付』を行うものとしている。

3番は同一、複合、集中的が間違いであり 正しくは多様な、総合的、効率的が正しい

過去問は試験対策に一番良いツールです。過去問をやることで、試験で出題されやすいポイントが分かってくると思います。

このブログの解説を音に吹き込んで通勤中に聞くだけでも理解が深まっていくと思います。ぜひお試しあれ。

答えは4と5です。

次の問題へ進む

コメント

タイトルとURLをコピーしました