通風予防 尿酸値をぶっ飛ばせ

雑記

尿酸値が高いと健康診断で言われたことはありませんか?基準値では男性3.6~7.0mg/dl、女性2.7~7.0mg/dlとなります。それより高いと高尿酸血症の診断がなされ通風などになるリスクが高まります。薬やサプリを頼らずに尿酸値を落とす正攻法を紹介していきます。

尿酸値によいもの
  • ①     有酸素運動
  • ②     海藻、キノコ
  • ③     コーヒー
  • ④     水、
  • ⑤     野菜類  
有酸素運動

一番の理由は肥満の改善になるからです。体脂肪が減ると尿酸値は低くなりやすいといわれています。また、ストレス解消に有酸素運動は有効であり、尿酸も作られにくくなります。血糖値や血圧が下がりやすくなるのも尿酸値の低下の要因にもなります。

海藻・きのこ

尿酸というくらいなので酸性なのです。アルカリ性の食べ物を摂取することで酸を溶かしやすくし尿酸値の上昇を抑えてくれます。それらが海藻やキノコ類なのです。

コーヒー

尿を排出して尿酸を体外に出すことが尿酸値低下には大事であるため利尿作用のあるコーヒーは高尿酸血症に有効出るといわれています。

同じくいっぱい尿を出すためには水を多く飲むと出るので水分摂取は大事です。硬水や軟水とに分かれるので自分の体に合うものが良いと思います。我々日本人は軟水になじみが深いので比較的飲みやすいですが、欧米では硬水が多いそうです。カルシウムやマグネシウム含有率が高いものを硬水と呼び、便秘などに効果的と言われています。

野菜

野菜も海藻と同じく尿をアルカリ化しやすいため尿酸値を下げるのに役立ちます。野菜ジュースでもよいそうですが、糖質多めのものがあるので肥満予防のためにも無糖の野菜ジュースがあるとよいです。

実施や摂取をすると尿酸値が上がりやすくなるもの
  • ①     脂の多い肉、内臓(レバーなど)
  • ②     魚の干物
  • ③     アルコール
  • ④     無酸素運動
脂の多い肉、内臓(レバーなど)

プリン体は尿酸値の大敵です。プリン体を多く含む食材としてレバーなどのモツ類、白子、あん肝などの内臓系の食品と牛肉、ヒレ、ロースなどの脂身の多い食材も注意が必要です。

魚の干物

同じく魚の干物もプリン体が多いので食べ過ぎないように注意しましょう。そのほか、カニやエビなどの甲殻類も高めです。

アルコール

ビールはプリン体が多いとよく言われており、尿酸値にはダメなんだろうと思われる方は多いです。もちろん良くないのですが、ビールだけではなくアルコール類全体が良くないようです。アルコールを飲むだけで尿酸値が上がります。通常だと排尿をして体外に尿酸を出しますが、アルコールは尿中への尿酸の排泄を阻害し、尿酸を体内にとどめます。さらにアルコールの利尿作用により尿は出てしまうので、尿酸は濃縮され数値が上昇するのです。そのためほどほどの摂取で我慢するようにされるのが良いです。

無酸素運動

以外かもしれませんが筋トレなどの高負荷な無酸素運動は尿酸値を上昇させます。高負荷の筋トレは代謝を進めてプリン体をつり出してしまうからというのが要因です。ただ、肥満防止にも筋トレは良いので高負荷にならないように肥満の人は軽い付加で回数を多めの筋トレを実施するならよいと思います。

まとめ

尿酸値を下げるには、海藻や野菜、キノコを食べて水とコーヒーを飲む。そして有酸素運動をすること。

逆に魚の干物やレバー、もつ煮込みなどを食べ、ビールを飲み、筋トレをすると尿酸値は上がりやすくなりますよということ。

尿酸値を下げる方法、上げる要因について解説してきました、次回の健康診断までにはこれらを実践して健診結果がオールグリーンとなるようにしたいものです。通風になったら痛そうですしね。食事と運動、まずはできることからやっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました