第22回ケアマネ試験 過去問解説 15

ケアマネ試験 過去問 第22回

問題15

指定居宅介護支援の業務について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1.利用者の身体機能に特化したアセスメントを行う。

2.利用希望者が要介護認定の結果の通知を受ける前に、居宅介護支援を提供してはならない。

3.地域で不足していると認められるサービスがあった場合には、それが地域で提供されるよう関係機関に働きかけることが望ましい。

4.利用者が訪問看護の利用を希望した場合には、利用者の同意を得て主治の医師に意見を求めなければならない。

5.指定居宅介護支援の提供の開始に際し、あらかじめ、複数の指定居宅サービス事業者等の紹介を求めることができることを利用者に説明しなければならない。

解説

働いている人ならわかる問題。こういう実務に必要そうな問題ばかりだとよいのだが…

指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準 第13条 6

介護支援専門員は、居宅サービス計画の作成に当たっては、適切な方法により、利用者について、その有する能力、既に提供を受けている指定居宅サービス等のその置かれている環境等の評価を通じて利用者が現に抱える問題点を明らかにし、利用者が自立した日常生活を営むことができるように支援する上で解決すべき課題を把握(アセスメント)しなければならない。

選択肢1は×。身体機能だけでなく、すでに提供を受けている居宅サービスや環境なども評価をしてアセスメントをしなければならないから。

指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準 第8条 2

指定居宅介護支援事業者は、指定居宅介護支援の提供の開始に際し、要介護認定を受けていない利用申込者については、要介護認定の申請が既に行われているかどうかを確認し、申請が行われていない場合は、当該利用申込者の意思を踏まえて速やかに当該申請が行われるよう必要な援助を行わなければならない。

そもそも介護申請の手続きの代行自体が居宅介護支援と取れるので、選択肢2は×。介護認定の結果が結果が出るまでも必要に応じてサービス提供は可能である。その際は暫定のケアプランを作成しなければならない。

地域ケア会議 :地域包括が主催して実施。個別事例検討を行い、地域のニーズや社会資源を把握する。不足しているサービスは提供できるように関係機関医働きかけるため選択肢3は〇。

指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準 第13条 19項

介護支援専門員は、利用者が訪問看護、通所リハビリテーション等の医療サービスの利用を希望している場合その他必要な場合には、利用者の同意を得て主治の医師等の意見を求めなければならない

上記によりっ選択肢4は〇となる。

指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準 第4条 2 

指定居宅介護支援事業者は、指定居宅介護支援の提供の開始に際し、あらかじめ、居宅サービス計画が第一条の二に規定する基本方針及び利用者の希望に基づき作成されるものであり、利用者は複数の指定居宅サービス事業者等を紹介するよう求めることができること等につき説明を行い、理解を得なければならない。

選択肢5は〇となる。

次の問題(問題16)へ進む

コメント

タイトルとURLをコピーしました