第22回ケアマネ試験 過去問解説 問題16

ケアマネ試験 過去問 第22回

問題16

担当する利用者に対する介護支援専門員の基本姿勢として、より適切なものはどれか。2つ選べ

1.心身機能が一時的に低下した場合には、利用者の状態にかかわらず、介護保険サービスを区分支給限度基準額まで活用する勧める。

2.利用者の自己決定を尊重するため、求めがなければサービス利用に関する情報提供はしない。

3.利用者が認知症のため自分の意向をうまく伝えれない場合には、その意向を推し量り、利用者の尊厳が保持されるように努める。

4.特定のサービス事業者に不当に偏ることなく、公正中立に支援する。

5.利用者と家族の意向が一致しない場合には、家族の意向を優先する。

解説

介護支援専門員の基本姿勢を問う問題。

定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準 第13条 8項

介護支援専門員は、利用者の希望及び利用者についてのアセスメントの結果に基づき、利用者の家族の希望及び当該地域における指定居宅サービス等が提供される体制を勘案して、当該アセスメントにより把握された解決すべき課題に対応するための最も適切なサービスの組合せについて検討し、利用者及びその家族の生活に対する意向、総合的な援助の方針、生活全般の解決すべき課題、提供されるサービスの目標及びその達成時期、サービスの種類、内容及び利用料並びにサービスを提供する上での留意事項等を記載した居宅サービス計画の原案を作成しなければならない。

「課題に対する最も適切なサービスの組み合わせを検討」の部分が支給限度基準額まで進めるというところと違う。選択肢1は×。

介護支援専門員 倫理綱領 2 日本介護支援専門員協会HPより 

私たち介護支援専門員は、常に最善の方法を用いて、利用者の利益と権利を擁護していきます。

(解説)介護支援専門員としての専門的知識や技術によって、課題や原因を明らかにし、その解決方法や手段を、利用者の立場にたって提供したうえで、利用者の「自己決定」により判断することができるようにすることこそが、権利擁護の基本となるものです。

自己決定できるように課題や原因を専門知識により明らかにして情報提供をするべきであるので、選択肢2は×となる。

介護支援専門員 倫理綱領 2 解説 日本介護支援専門員協会HPより

介護支援専門員は自己の意思決定を表現できない利用者の場合は、利用者に代わって、アドボケート(擁護者)機能を活用することが必要です。
介護保険法第81条においても、「指定居宅介護支援事業者は、要介護者の人格を尊重するとともに、この法律又はこの法律に基づく命令を遵守し、要介護者のため忠実にその職務を遂行しなければならない。」と記載され、法の遵守が求められています。

以上により選択肢3は〇です。

指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準 第1条の2 3

指定居宅介護支援の提供に当たっては、利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立って、利用者に提供される指定居宅サービス等が特定の種類又は特定の指定居宅サービス事業者等に不当に偏することのないよう、公正中立に行われなければならない。

4は〇です。

上記にも記載したように利用者の権利擁護、や自己決定などの文言が出ていることから、利用者と家族の意向が一致しない場合は当然利用者の意向が尊重されるべきです。また、考え方によっては利用者や家族の間でも公正中立な立場をとるという意味でケアマネがどちらかを優先するというのは良くないとの考えもある。いずれにしても家族の意向を優先するという答えはないため選択肢5は×。ただ、実務においては往々にして家族の意向が優先されるケースが多々あるが、それは受かってから問題なのでここでは家族の意向が優先はされないことを覚えておきましょう。

次の問題(問題17)に進む

コメント

タイトルとURLをコピーしました