第22回 ケアマネ試験 過去問解説 問題18

ケアマネ試験 過去問 第22回

問題18

指定介護老人福祉施設における施設サービス計画の作成について正しいものはどれか。3つ選べ

1.アセスメントは、入所者及びその家族に面接して行う必要がある。

2.原案の内容については、入所者の同意は必要がない。

3.他の担当者と連携体制が取れている場合には、モニタリングのための利用者との定期的な面接は必要がない。

4.地域住民による自発的な活動によるサービスの利用を含めるよう努めなければならない。

5.作成した計画は、入所者に交付しなければならない。

解説

社会福祉施設(特別養護老人ホーム)における施設サービス計画の問題。

指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準 第12条の4

計画担当介護支援専門員は、前項に規定する解決すべき課題の把握(以下「アセスメント」という。)に当たっては、入所者及びその家族に面接して行わなければならない。この場合において、計画担当介護支援専門員は、面接の趣旨を入所者及びその家族に対して十分に説明し、理解を得なければならない。

選択肢1の『アセスメントは、入所者及びその家族に面接して行う必要がある』は〇。

指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準 第12条の

計画担当介護支援専門員は、施設サービス計画の原案の内容について入所者又はその家族に対して説明し文書により入所者の同意を得なければならない。

選択肢2は原案に同意が必要なため×である。

指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準 第12条の10

計画担当介護支援専門員は、前項に規定する実施状況の把握(以下「モニタリング」という。)に当たっては、入所者及びその家族並びに担当者との連絡を継続的に行うこととし、特段の事情のない限り、次に定めるところにより行わなければならない。

一 定期的に入所者に面接すること。

二 定期的にモニタリングの結果を記録すること。

選択肢3。ほかの担当者と連携体制が取れていることは、はっきり言って当たり前なため特段の事情とは言えない。よって×。

指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準 第12条の2

施設サービス計画に関する業務を担当する介護支援専門員(以下「計画担当介護支援専門員」という。)は施設サービス計画の作成に当たっては、入所者の日常生活全般を支援する観点から、当該地域の住民による自発的な活動によるサービス等の利用も含めて施設サービス計画上に位置付けるよう努めなければならない。

緑マーカー部分の記載により、選択肢4は〇である。

指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準 第12条の8

計画担当介護支援専門員は、施設サービス計画を作成した際には、当該施設サービス計画を入所者に交付しなければならない。

以上の基準により選択肢5は〇である。

この問題はすべて『指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準』の12条に書いてある問題である。いいろんな規定があるが、ケアマネ試験の問題として出される部分はケアマネに関連する部分である為的を絞って勉強するのが合格への近道である。

次の問題(問題19)へ進む

コメント

タイトルとURLをコピーしました