第22回ケアマネ試験 過去問解説 問題23

ケアマネ試験 過去問 第22回

問題

要介護認定について正しいものはどれか。2つ選べ。

1.更新認定の申請ができるのは、原則として、有効期間満了日の30日前からである。

2.新規認定の効力は、申請日にさかのぼって生ずる。

3.介護認定審査会は、申請者が利用できる介護サービスの種類を指定することができる。

4.要介護認定の処分の決定が遅れる場合の処理見込期間の通知は、申請日から60日以内に行わなければならない。

5.市町村が特に必要と認める場合には、新規認定の有効期間を3月間から12月間までの範囲内で定めることができる。

解説

要介護認定についての問題。前の問題22と一緒に勉強していればわかりやすい問題。

介護保険法施行規則 第39条

要介護更新認定の申請は、当該要介護認定の要介護認定有効期間の満了の日の六十日前から当該要介護認定有効期間の満了の日までの間において行うものとする。ただし、同条第三項の規定により申請を行う場合にあっては、この限りでない。

介護保険法第27条 8

要介護認定は、その申請のあった日にさかのぼってその効力を生ずる。

黄色のマーカーは60日前となっているので選択肢1の30日前はというのは×である。

赤マーカーは選択肢2と合致するため〇である。

介護認定審査会テキストより

【介 護 認 定 審査会として付すことのできる意見】
 認定の有効期間を原則より短くあるいは長くする
 要 介 護 状 態 の 軽 減 又 は 悪 化 の 防 止 の た め に 必 要 な 療 養 に つ い て の 意 見
( 特 に 、 実 際 に 行 わ れ て い る 介 助 が 不 適 切 な 場 合 の 療 養 に つ い て の 意 見 )

また、介護認定審査会は意見を述べることができますが、サービスの種類を直接に指定することはできません。

とも記載されており、選択肢3は×となります。

介護保険法第27条 11

当該申請のあった日から三十日以内にしなければならない。ただし、当該申請に係る被保険者の心身の状況の調査に日時を要する等特別な理由がある場合には、当該申請のあった日から三十日以内に、当該被保険者に対し、当該申請に対する処分をするためになお要する期間(次項において「処理見込期間」という。)及びその理由を通知し、これを延期することができる。

選択肢4は×である。60日→30日が正しい。30日以内に審査結果を出さなければいけないのに60日以内に延期の通知を出すのはそもそも変である。これを知っていると×ということは気づけると思う。

選択肢5は〇である。上記審査会テキストの『原則より短く又は長くする』の部分である。

次の問題(問題24)へ進む

コメント

タイトルとURLをコピーしました