第22回ケアマネ試験 過去問解説 問題24

ケアマネ試験 過去問 第22回

問題

Aさん(78歳、男性)は、2年前に妻を病気で亡くし、一人暮らしをしていた。その後、Aさんは脳卒中で入院し、右半身にマヒがある状態で退院するに当たり、要介護2の認定を受けた。本人の意向では、自宅で暮らし、訪問介護は利用したいが、通所のサービスは利用したくないとのことだった。その理由は、知り合いに今の姿を見られたくないことに加えて、妻を亡くした悲しみから同年代の夫婦を見るとつらくなるということだった。その時点における介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1.訪問介護サービス伊賀のサービスは利用しないことに決める。

2.自宅ではなく、居住系サービスを利用するよう説得する。

3.在宅生活を続けるうえでの機能回復の重要性を説明し、訪問リハビリテーションの利用を進める。

4.福祉用具や住宅改修を利用し、住環境を改善することを勧める。

5.近隣住民からの高齢者サロンに誘ってもらう。

解説

事例問題。どう支援していくかという問題。一般常識で溶ける問題である。

1.× 。自宅で暮らしたいという本人の思いをかなえるために訪問介護の利用ではあるが、マヒがあり要介護2の男性は訪問介護だけでは生活に心配が出ると思われる。そのため通所サービスを提案し拒否という流れがあったのだと思うので、一つのサービスだけに決める前に本人のアセスメントを行い、問題点を洗い出し、サービス提案していく必要がある。

2.×。自宅で暮らしたい希望がある人間に居住系サービスを勧める意味不明な選択肢。「通所サービスを受けないなら居住系サービスしかないですよ!」という暴論か。

3.〇。病院でもリハビリしていたが、退院後も続けることで、マヒやその他の身体状況が回復する可能性はある。また、機能維持という目的もあり、自宅で独居をされる方には訪問リハビリは必要な対応である。通所リハなどが理想であるが、本人拒否しているので訪問の提案が妥当と考えられる。

4.〇。マヒがあることで自宅での不自由な思いをすることがあると想定される。アセスメントにより問題点を抽出し、福祉用具や住宅改修の提案をすることは正しい対応である。

5.×。同年代の夫婦を見るとつらいという方をサロンに誘うのはこの時点での提案としては急すぎる。今の姿を人に見られたくないとも言っているので少しずつ自分の体の状態を受け入れてもらい、信頼関係ができてからの提案のほうが良い。活動に参加できたら社会参加となり本人にとっても良いと思われるが、退院直後の今ではない。

次の問題(問題25)へ進む

コメント

タイトルとURLをコピーしました