第22回ケアマネ試験 過去問解説 問題25

ケアマネ試験 過去問 第22回

問題

Bさん(75歳 女性)は、夫と二人で暮らしている。Bさんは、高血圧及び糖尿病のため、近所の診療所に定期的に通院している。最近、Bさんは、認知症により、昼夜逆転の生活になり、夜中に外にでて自宅に戻れなくなることもある。夫しては、介護の負担が増しているが、できる限り在宅生活を継続したいと思っている。要介護認定の結果、要介護2の認定を受けた。介護支援専門員の当面の対応として、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1.外に出て戻れなくなった時の対応のため、地域包括支援センターに協力を依頼し、民生委員や近隣の商店との連携を図る。

2.夜中に外に出ていく背景や理由についてアセスメントを行う。

3.主治医を認知症の専門医に変更することを勧める。

4.介護老人福祉施設への入所を提案する。

5.夫の休息とBさんの生活リズムを整えるため、認知症対応型通所介護の利用を提案する。

解説

問題24よりは迷う方も多いかもしれない事例問題。〇となる選択肢は1、2、5である。順に解説する。

1は〇。近隣住民や民生委員などと連携あを測ることで、外出時に戻れなくなった時の協力が得れる可能性が高くてよい。地域包括支援センターへの協力することで自治体がやっている見守りサービスなどの紹介をしてもらえるなど有用な効果がある。

2は〇。夜中に出ていく理由や原因がわかることで、介護者側も対応がしやすくなるので適切な対応といえる。家に戻れなくなるのは夜だけなのか?本人の出ていく理由は何なのかなどが分かれば出ていかなくても安心して過ごせる状況ができるかもしれない。

3は×。間違いやすい選択肢です。認知症の専門医に変更するのがなぜ×かというと、変更するのが×です。Bさんは内科疾患にて通院しています。認知症専門医に変更するということは、血圧や糖尿病の患者の主治医にはどうかということ。変更しないで認知症専門医に診てもらうなら〇だった。

4.いわずと知れた×。誰も希望していない老人福祉施設を提案する理由がわからない。要介護2では入所もできない。ラッキー選択肢。

5.少し迷う問題。夫の休息とBさんの生活リズムを整えるのは適切な対応であるが、認知症対応型通所介護が良いのか迷う。夜中に出ていくだけの周辺症状であるならば普通のデイサービスでもよいのではないかと深読みしてしまう方もいる可能性があり、3を選ぶ人もいたかもしれない。より適切なほうと問題には書いてあるので主治医変更のほうが適切ではないと判断できれば5を〇とできる。

次の問題(問題26)へ進む

コメント

タイトルとURLをコピーしました