第22回ケアマネ試験 過去問 問題26

ケアマネ試験 過去問 第22回

問題

呼吸について適切なものどれか。2つ選べ。

1.高齢者は、一般医、若年者と比べ、2回換気量は低下する。

2.頻呼吸は、発熱や心不全でもみられる。

3.心不全による呼吸困難は椅座位または半座位で増強し、臥位で軽減する。

4.下顎呼吸は、慢性気管支炎や肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者でよくみられる。

5.チェーンストークス呼吸では、小さい呼吸から徐々に大きい呼吸となり、その後徐々に小さい呼吸となって、一時的な呼吸停止を伴う呼吸状態を繰り返す。

解説

保健医療の問題は、法令などがあるわけではないので一つずつググって解説をしていきます。

高齢者の呼吸についての問題。

健康・体力づくり事業財団HPより

通常1回の呼吸で入れ換わる空気の量(1回換気量)には、 若年者と高齢者の間にはほとんど差はありません。しかし、高齢者では同じ量の空気を吸っても、若年者よりも血液中の酸素濃度が低い状態になります。

選択肢1は×です。肺活量は低下するが1回換気量は変わりないです。

看護roo より

呼吸(ひんこきゅう)とは、呼吸回数が25回/分以上で、浅い呼吸の状態を指す。

通常の呼吸1分間に12~20回といわれています。

頻呼吸の原因は呼吸器疾患 ・心不全 ・神経筋疾患 ・緊張、興奮、痛み刺激 ・敗血症 ・薬物(アスピリンなど) ・高地 ・発熱などがある。

選択肢2は〇となります。

看護roo!より

心不全とは、全身に血液を送り出す心臓のポンプ機能が低下し、身体の各組織が必要とする血液を送り出せない状態のことをさします。

呼吸困難が出現している場合は、体位を工夫して緩和します。臥床すると、心臓に戻る血液量が増大して肺うっ血が増強し、呼吸困難が増悪するため、起座位やセミファーラー位が適しています

選択肢3は真逆のことが書いてあるので×。

看護roo!見出し


下顎呼吸(かがくこきゅう)とは終末期や意識障害における呼吸困難の症状として認められる呼吸である。下顎を上下させ、口をパクパクさせてあえぐような努力性の呼吸で、呼吸中枢の機能をほぼ失った状態でみられる。死期が近づいている徴候の一つとされている。

下顎呼吸が始まると1~2時間で死に至ることが多いといわれている。選択肢4は×。

COPD-jp.com より

口すぼめ呼吸は、鼻から息を吸った後、口をすぼめて長く息をはく呼吸法です。COPDでは呼吸をするたびに肺の中にはき出せない空気がたまって息苦しくなりますが、口をすぼめて息をはくと、気管支の内側に圧力がかかり、呼吸が速くなっても気管支のつぶれを防ぎながら、空気を効率よくはき出すことができます。

慢性気管支炎や閉塞性肺疾患で効果的な呼吸法として口すぼめ呼吸がある。

看護roo!より

チェーンストークス呼吸とは、呼吸が徐々に増大と減少を繰り返し、最も減弱したときにしばらく停止しているような周期的な異常呼吸である。

中枢神経疾患、アルコール中毒、モルヒネ中毒、脳血管障害、心不全、腎不全(尿毒症)、各種疾患の末期などにみられる

紫のマーカー部分により選択肢5は〇である。

次の問題(問題27)へ進む

コメント

タイトルとURLをコピーしました