第22回ケアマネ試験 過去問解説 問題31

ケアマネ試験 過去問 第22回

問題31

次の記述のうち適切なものはどれか。3つ選べ。

1・フレイルとは、健康な状態と介護を要する状態の中間的な状態である。

2.高次脳機能障害の主な症状には失行や失認が含まれる。

3.心筋梗塞は、冠動脈が破裂して起こる疾患である。

4.糖尿病は、肝臓で作られるインスリンの不足によるものである。

5.高齢者に多い骨折部位には大腿骨頸部や胸腰椎が含まれる。

解説

答えは1、2、5である。順に解説する。

フレイルとは、わかりやすく言えば「加齢により心身が老い衰えた状態」のことです。しかしフレイルは、早く介入して対策を行えば元の健常な状態に戻る可能性があります。

加齢により衰えた状況ではあるが介入により元に戻せることもあり、健康と介護の必要な状態の中間といえるため、選択肢1は〇である。

六訂介護支援専門員基本的テキスト 第3巻 P18 

大脳がつかさどる高次の神経・精神機能には、言語、記憶、認知、判断、行動、情緒、人格などが含まれます。これらをまとめて高次脳機能といいます。加齢により自然と大脳機能は低下しますが、脳血管障害、脳外傷、脳腫瘍などの大脳の一部分を障害する病気では、失語、失行、失認など、特殊な高次脳機能障害が現れ、病変の範囲が広がれば認知症を生じます。

高次脳機能障害では執行や失認が踏まれるため、選択肢2は〇である。

六訂介護支援専門員基本テキスト 第3巻 P9

心筋梗塞とは、冠動脈の動脈硬化病変の粥腫が破綻することにより血管を閉塞して、その結果心筋が壊死し心臓のポンプ機能が低下する病態です。

心筋梗塞は冠動脈が閉塞して起こるもので破裂するわけではない。選択肢3は×である。

インスリン(インシュリン)は膵(すい)臓から分泌されるホルモンの一種です。

血糖値を下げる働きをするホルモンはインスリンだけです。
糖尿病の予防には食後の急激な血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌を節約することが大切です

インスリンは肝臓ではなく膵臓で作られるため、選択肢4は×。

六訂介護支援専門員基本テキスト 第3巻 P40

高齢者に多い骨折は、大腿骨頸部骨折、脊椎圧迫骨折、上腕骨骨折、投稿下端骨折などです。

上記によって選択肢5は〇である。

次の問題(問題32)へ進む

コメント

タイトルとURLをコピーしました