第22回ケアマネ試験 過去問解説 問題39

ケアマネ試験 過去問 第22回

問題39

感染症について適切なものはどれか。2つ選べ。

1.標準予防策(スタンダード・プリコーション)は、すべての人の体液や排泄物等に感染症があると考えて取り扱うことである。

2.インフルエンザに羅漢したものが職場に復帰するばあは、治療証明書を提出する法的な義務がある。

3.ウイルス性肝炎は、飛沫感染する。

4.ノロウイルス感染者の便や吐物には、ノロウイルスが排出される。

5.高齢者は、肺炎球菌ワクチンを毎年摂取しなければならない。

解答

正解は1、4

順に解説します。

選択肢1  〇

スタンダードプリコーションについての問題。医療や介護の現場で感染予防の対策としてスタンダードプリコーションのの日常的遵守が重要です。

スタンダードプリコーション:「すべての患者の血液、体液、分泌物、嘔吐物、排泄物、創傷皮膚、粘膜などは、感染する危険性があるものとして取り扱わなければならない」という考え方を基本としています。

選択肢2   ×

インフルエンザに罹った職員が職場復帰にあたって治癒証明書を提出が義務付けされていいるかどうかを問う質問。

私の会社ではそのような規定はありませんので、×とすぐわかりました。

インフルエンザQ&A Q18
インフルエンザにり患した従業員が復帰する際に、職場には治癒証明書や陰性証明書を提出させる必要がありますか?

 診断や治癒の判断は、診察に当たった医師が身体症状や検査結果等を総合して医学的知見に基づいて行うものです。インフルエンザの陰性を証明することが一般的に困難であることや、患者の治療にあたる医療機関に過剰な負担をかける可能性があることから、職場が従業員に対して、治癒証明書や陰性証明書の提出を求めることは望ましくありません。

法的な義務どころか、望ましくないと厚生労働省が言っております。

選択肢3   ×

ウイルス性肝炎の感染方法について。飛沫感染ではなく血液感染である。

肝炎ウイルスは、血液や体液を介して人から人へと感染するものと、不衛生な水を含めた飲食で感染するものがある。A型とE型は飲食で感染し、A型は牡蠣や二枚貝など、E型はイノシシやシカやブタなどを加熱不十分に食べたために感染する。B型とC型は血液や体液を介し、感染経路として挙げられるのは「感染者の血液を輸血」「感染者と性交渉」「感染者と注射針・注射器の共用や注射針を誤って刺す事故」「感染者が使用した器具で入れ墨やピアスの穴開けをした場合」などのケースだ。

選択肢4  〇

ノロウイルスの設問。吐物や排泄物にウイルスは入っているかを聞かれている。

Q20 患者のふん便や吐ぶつを処理する際に注意することはありますか?

ノロウイルスが感染・増殖する部位は小腸と考えられています。したがって、嘔吐症状が強いときには、小腸の内容物とともにウイルスが逆流して、吐ぶつとともに排泄されます。このため、ふん便と同様に吐ぶつ中にも大量のウイルスが存在し感染源となりうるので、その処理には十分注意する必要があります。

感染者の排泄物や嘔吐物にはノロウイルスが入っているので、処理には最新の注意が必要である。

選択肢5  ×

肺炎球菌ワクチンの接種間隔を問う問題。

肺炎球菌感染症とは、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。この菌は、主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。日本人の約3~5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。これらの菌が何らかのきっかけで進展することで、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。

対象者:①その年に65歳になる方。以後5歳おき。 ②60歳から65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害やヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある方

5年ごとにワクチンを接種できるが、5の倍数の年に摂取しないと次の機会まで待たなければならない。(例外あり)

まとめ

個人的には2・4・5は日常生活でわかる程度の問題と思われます。インフルエンザで治癒証明書を提出している人を見たことがないので×。4.ノロウイルスは吐物処理などに注意が必要なのは現場の人であれば知っているでしょう。5.の肺炎球菌についてはTVCMでも流れていることがあり5年おきにワクチンが打てることを知っているひともおおいはずです。1.自分の職場にもスタンダード・プリコージョンを作っている、ところも多いと思いますので知っている方もいるのではないでしょうか。そうすると3が仮にわからなくても問題自体は解けてしまうと思います。

この問題では3番以外は厚生労働省のHPがソースとなっています。厚労省はすごいですね。過去問で出てきた病気については、検索や基本テキストで確認しておきましょう。

次の問題(問題40)へ進む

コメント

タイトルとURLをコピーしました