第22回 ケアマネ試験過去問解説 問題41

ケアマネ試験 過去問 第22回

問題

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1.人生の最終段階において自らが望む医療・ケアチーム等と話し合い、共有するための取り組みをいう。

2.本人が死の直前になったときにのみ話し合う。

3.話し合った内容は、文書にまとめておく。

4.本人の考えより、医療・ケアチームの方針が優先される。

5.話合いは、一度だけ行えばよい。

解答

1・3

ACPとは、今後の治療・医療について患者・家族と医療従事者があらかじめ話し合う自発的なプロセス

 ・患者が望めば、家族や友人とともに行われる

 ・患者が同意のもと、話し合いの結果が記述され定期的に見直され、ケアにかかわる人々の間で共有されることが望ましい。

選択肢1  

茶色マーカーを確認。患者や家族と医療従事者(ケアチーム)と話し合った内容が共有されることである。

選択肢2

× 年齢と病気にかかわらず、成人患者と、価値、人生の目標、将来の医療に関する望みを理解し共有しあうプロセスのこと

                              Sudore RL et al. J Pain Symptom Manage. 2017

選択肢3

〇 黄色のマーカー。話し合いの結果を記述するということは、文章にまとめておくこと。

選択肢4

×  利用・ケアチームの方針が優先されるはずがない。

選択肢5

×  紫マーカー 定期的に見直す記述あり、何度も行える。患者の意向は変わることもある。

次の問題(問題42)へ進む

コメント

タイトルとURLをコピーしました