第22回ケアマネ試験 過去問解説 問10

ケアマネ試験 過去問 第22回

問10

介護保険の調整交付金について正しいものはどれか。3つ選べ。

1.国が市町村に交付する。

2.すべての市町村に一律に交付される定率の公費負担となっている。

3.調整交付金の総額は、介護給付費及び予防給付費の総額の5%に相当する額とする。

4.市町村ごとの第1号被保険者の年齢階級別の分布状況を考慮して交付される。

5.市町村ごとの第2号被保険者の所得の分布状況を考慮して交付される。

解説

介護保険の財源である調整交付金についての問題。

厚生労働省資料

調整交付金は、市町村ごとの介護保険財政の調整を行うため、全国ベースで給付費の5%相当分を交付するものであり、具体的には、「高齢者中の後期高齢者の割合」と「高齢者の所得状況の格差」を調整する「普通調整交付金」と、災害等の特別な事情を勘案する「特別調整交付金」がある。

国が市町村に介護保険財政の調整を行うために交付するお金でえある。市町村ごとに後期高齢者の割合や高齢者の所得状況の格差を勘案して交付する割合を決めるが、全国で給付費の5%相当分となっている。(市町村のごとによって給付される割合は変わる)

赤マーカー部分について、選択肢1は〇となる。

青マーカーについて、後期高齢者の割合というところが選択肢4の1号被保険者の分布状況と重なるため、選択肢4は〇。選択肢5は高齢者の所得の分布なら正解であったが、2号被保険者は高齢者とは言えないため×。

黄色マーカーについて、全国ベースで5%であるが、市町村によって変動があるため定率ではないため選択肢2は×で、選択肢3が〇となる。

次の問題(問11)へ進む

コメント

タイトルとURLをコピーしました