第22回ケアマネ試験 過去問解説 問題27

ケアマネ試験 過去問 第22回

問題

食事について適切なものはどれか。二つ選べ。

1.接触・嚥下プロセスの先行期(認知期)は、食べ物を咀嚼する段階である。

2.接触・嚥下プロセスの咽頭期の障害では、胃からの逆流が見られる。

3.食事の介護アセスメントには、福祉用具専門相談員がかかわることもある。

4.食事の介護のアセスメントには、利用者が調理を行っているかどうかの確認は含まれない。

5.食事の介護のアセスメントでは、利用者の普段の活動性や睡眠状況も確認する。

解説

食事、摂食、嚥下についての問題。

健康長寿ネットHPより

摂食嚥下は、食べ物を認識してから、口を経由して胃の中へ送り込む、一連の動作のことです。それらの一連の動作を5段階に分けて考えられることから「摂食嚥下の5期」と呼ばれています。

  1. 先行期:目で見て食べ物を認識する
  2. 準備期:その食べ物を口から入れ、咀嚼する
  3. 口腔期:舌や頬を使い、食べ物を口の奥からのどへ送る
  4. 咽頭期:脳にある嚥下中枢からの指令で、食べ物を食道へ送る
  5. 食道期:食べ物を胃へ送り込む

以上のことから選択肢1は準備期のことについて書かれているから×。選択肢2は食道期の障害のことを書いているため×。

選択肢3について、身体的に麻痺があり食事が食べにくい利用者がいる場合など、福祉用具専門員に食べやすい食事道具(スプーンや器など)について助言をもらと適切な支援が行える。そのため選択肢3は〇である。

選択肢4は×。食事のアセスメントには食事のセッティング、嚥下、摂取量、飲水量、回数、栄養状態、調理、一日の活動量、生活リズムなど幅広く行う必要があるため。

選択肢5は〇。上記に記載したように一日の生活リズム(睡眠状況含む)もアセスメントするのは状うようである。睡眠リズムが分かれば眠い時に食事を出されても食べたくはないだろうし、リズムが崩れているから摂取量が増えないなどわかることも出てくる。また、普段の活動量が少ない方はお腹が減りにくく食事を食べたがらない方もいるだろうし、逆に体重が増えている方は、活動量のわりに摂取量が多くなっているなど支援の方向性が見えてくる場合が多い。

次の問題(問題28)へ進む

コメント

タイトルとURLをコピーしました